要注意!家電・家具の不用品処分には基本お金がかかる!

要注意!家電・家具の不用品処分には基本お金がかかる!

粗大ゴミ

家具を買い替える場合

大切なのはズバリ大きさです。各自治体によって普段の燃えるゴミ・燃えないゴミで回収できない大きさが決められているので確認しておきましょう。またそのサイズをオーバーする場合でも、例えば布団などは小さく切り刻むことで普通に燃えるゴミに出せます。家具でも分解できるものは可能な限り分解すれば、資源ごみとして出したりする事も可能です。どうしてもサイズを小さくできないものは、不用品処分の業者に頼む、または自治体の粗大ゴミで処理するのを検討するのがいいでしょう。特にゴミ処理場が近くにあって車をお持ちの方は、持ち込む事ができます。この場合通常の粗大ゴミで処理するよりもかなり格安で処理する事ができますので、お住まいの近くにゴミ処理場があるか調べてみるのも良いでしょう。

作業員

家電を買い替える場合

家電は売れる場合がありますので、まずは買取で値が付くか調べてみましょう。リサイクルショップ、不用品回収はもちろん、yahooオークションやメルカリなどを利用する手もあります。この時、メーカーの保証書や取扱説明書があると買い手が付きやすかったり、買取金額も上がる場合があります。家電を売買する際はこれらをしっかり保存しておくことをおススメします。どうしても買取先が見つからなかった場合は処分の方向に移行します。不用品回収をしてくれる業者のホームページで値段を比較したり、実際に見積もりをお願いするの良いでしょう。特に福岡県や京都など大きな町には地域密着型の回収業者がある場合が多いです。そういうところは即日見積もりに来てくれるなど様々な面で優遇してくれる場合が多いのでおススメです。

処分にお金のかかる家具・家電10選

  • テーブル
  • タンス
  • ベッド
  • ソファ
  • テレビ
  • エアコン
  • 洗濯機
  • 布団
  • パソコン
  • 電子レンジ

広告募集中