不用品処理で押さえるポイントはケースバイケース

普段出す燃えるゴミ、燃えないゴミなどとは異なり、不用品処分について詳しく知っている!という人は少ないのではないでしょうか。不用品回収が必要な場面・タイミングはいくつかのケースに分けられます。そのケースごとに適した不用品処分を行うことで、無駄なゴミも減り、お金も節約する事ができます。

不用品処分を少しでも安く済ませるための方法

財布

引っ越しの際に出た不用品を処理する場合

引っ越しで不用品が出た場合、まずは不用品処理を行うものと買取で値が付く可能性があるものに分類しましょう。例えばベッドやソファなどは不用品回収に回すとお金を払って処分しなければなりませんが、リサイクルショップにもっていけば逆に有料で買い取ってくれる可能性もあります。まずは有料で買い取ってもらえそうな品を処理した上で、残ったものを処理しましょう。

ゴミ屋敷と化した部屋を綺麗にする場合

ゴミ屋敷を綺麗にする場合、不用品の回収・買取だけでなくゴミ処理も必要となってきます。また、部屋の汚れが激しく、自分自身で清掃する事が不可能な場合にはハウスクリーニングのようなサービスを利用したくなる場合もあります。これらは別々の専門業者を探すよりも、まとめて請け負ってくれる便利屋さんのような業者に頼んだ方が良いでしょう。

遺品整理をする場合

遺品整理は引っ越しとゴミ屋敷清掃の中間のような形です。整理する物の多さや家の汚れ具合によって業者を使い分けましょう。基本的には売れるものは売り、不用品やゴミはものによって業者or行政どちらに依頼するか決めると良いでしょう。中には遺品整理の専門業者も増えてきているので、インターネットで「遺品整理+地域名」などで検索して業者を探して見積もりを取るのもありです。

地域密着型の不用品処分業者もある!

東京、大阪などの都会では、「〇〇区にお住まいの方は即日対応」など地域密着型の業者もあり、該当する地域に住んでいれば手厚いサービスが受けられる場合もあります。

ゴミ処理ではなく売れる可能性があるもの

  • ファッション用品
  • ブランドのお酒(未開封)
  • 家電
  • 家具
  • おもちゃ
  • 楽器
  • 宝石・ジュエリー・貴金属
  • 骨董品
  • ブランド品

定期巡回業者を利用する

業者や行政に依頼するのが面倒だという人は、定期的に拡声器などを使って巡回している不用品回収業者を利用することも一つの手段です。ただし、これらの業者は悪徳業者の可能性が高いと言われているので、依頼する場合は見積もりを細かく確認するなど十分注意する必要があります。

行政or業者の比較

行政の場合

比較的料金が安い反面、回収の場所と日程に制限があり、手続きも面倒。

業者の場合

料金は業者によって開きがあるが、出張回収や事前無料見積もりなど、柔軟な対応をしてくれる場合がある。

[PR]
池袋で質屋を利用しよう
ブランド品をお金にchange☆

オメガのスピードマスターを販売! 不用品処分作業を京都で進めよう

広告募集中

出張買取が便利!